astech.co.jpへ
ZORK -- 打栓について
今日はZORK(ゾーク)キャップのお問い合わせでよくある打栓について書きます。

・スティルワイン用STLキャップ
・スパークリングワイン用SPKキャップ

この2つのキャップは構造が少し異なるため、
打栓方法も異なります。


d0174738_9581441.jpgd0174738_9571419.jpgこちらはSTLキャップです。
右図はパーツを分解した図で、
上から  『キャップ』 『フォイル』 『プランジャ』
これが一体化しています。

よって打栓はいたってシンプルで、まっすぐ上から押すだけです。
最小80kgf~最大150kgf。
既存のキャッパーに簡単なパーツを取りつけるだけで打栓できます。
(お客様の中にはハンマーで試し打ちされた方もいらっしゃいました)
打栓後にキャップの引きつりや膨らみがなければ問題ありません。

d0174738_945284.jpg
d0174738_9415316.jpgこちらはSPKキャップ。
パーツは上から  『キャップ』 『コレット』 『フォイル』 『シール』
このうち  『コレット』 『フォイル』 『シール』  が一体化しています。
打栓の際にはこの部分を下に押さえ込みながら打栓しなくてはなりません。d0174738_9464960.jpg

あくまでイメージですが、
←のように真ん中を押さえながら打栓します。
最小120kgf~最大200kgf。

よって、SPKキャップの打栓には専用のヘッドが必要となります。
このヘッドをお客様がお持ちのキャッパーへ取り付けます。
キャッパーをお持ちでないお客様は
弊社でキャッパーの製作をいたしますのでご相談ください。

何かご不明な点は、弊社までお問い合わせください。
[PR]
by astech | 2011-02-10 09:59 | 資材
<< ZORK -- YouTube... 藤沢へ >>



Astechスタッフブログ
by astech